笹野一刀彫 お鷹ポッポ(高さ250mm)

¥5,280

状態:中古
サイズ: 250″L × 95″W × 115″D mm

山形県米沢市笹野地域に古くから伝わる郷土玩具です。
削りかけの技法がアイヌのそれに共通していて、「ポッポ」はアイヌ語で玩具という意味。
尾のちぢれが美しく、キリッとした目つきに写実的な描彩を誇り、東北地方代表玩具の一つです。

在庫1個

説明

  • 中古品ですので箱なし、多少の埃汚れ、経年による傷みはご了承下さい。
  • 中古品のため、本体(または付属の箱)には細かなキズ、汚れががあります。
  • 中古品の状態に関しては事前に画像でご確認ください。不明点がございましたら購入前に必ずお問い合わせください。
  • 購入後の返品はできません。熟考の上ご購入下さい。

上杉鷹山公(江戸時代中期の大名、米沢藩9代藩主)の時代より、脈々と受け継がれてきた米沢の伝統工芸。
その名のごとく、「サルキリ」という刃物一本だけで、伝統職人が一つ一つ丁寧に材料となる「コシアブラ」の木を削りだし、鮮やかな色彩が施されます。
基本のお鷹ぽっぽは、禄高を増すと言われ今の言葉で、出世など商売繫盛などの願いが込められ、魔除けとして飾ることも。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。