SOLD OUT

二ポポ人形

状態:中古(箱および説明書無し)
サイズ: 200″H × 65″W × 65″D mm

北海道網走市の民芸品で、網走刑務所で作られたものです。
エンジュ材の木目を生かした八角形の胴をもつ一刀彫り無彩色の素朴な人形で、こけしのような形状をしています。
網走刑務所の印あり。

説明

  • 中古品ですので、多少の埃汚れ、経年によるシミや傷みはご了承ください。
  • 中古品のため、本体(または付属の箱)には細かなキズ、汚れががあります。
  • 中古品の状態に関しては事前に画像でご確認ください。不明点がございましたら購入前に必ずお問い合わせください。
  • 購入後の返品はできません。熟考の上ご購入下さい。

サハリン先住民族に伝わる木偶セワポロロを元にデザインされた木彫りのこけしに、ニポポの名前をつけてニポポ人形は生まれました。
『ニポポ』とはアイヌ民族で「木の小さな子」、「人形」などの意味があり、どんな願いでもかなえて幸福をもたらしてくれると信じられ、病気やケガなどから身を守る「お守り」としてアイヌの人々に大切にされてきました。
1954年に網走刑務所で、当時受刑者の仕事が不足していたため、あばしり郷土博物館館長の米村喜男衛氏が人形作りを考案、2年後1956年網走市をあげて宣伝し、網走市の観光土産『二ポポ』として定着したそうです。現在も網走刑務所受刑者が更生の願いを込め、エンジュの木を一本一本手彫りで制作しているそうで、網走でしか販売されていない独創的なお土産です。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。