会津唐人凧

¥3,300

状態:中古
サイズ: 385″H × 263″W mm

福島県会津若松市の「ベロくん出し」と呼ばれる凧。江戸時代に長崎から会津に伝わったとされています。会津手作工房の印。
シミ有り。

在庫1個

説明

  • 古いものですので、多少の埃汚れ、経年によるシミや傷みはご了承ください。
  • 中古品のため、本体(または付属の箱)には細かなキズ、汚れががあります。
  • 中古品の状態に関しては事前に画像でご確認ください。不明点がございましたら購入前に必ずお問い合わせください。
  • 購入後の返品はできません。熟考の上ご購入下さい。

長崎県に伝わるバラモン凧と形が共通する強風用の凧で、図柄は日の出や武者絵などがあり、この「ベロくん出し」は、図柄も長崎の凧と共通する部分があります。
なぜ長崎から福島に伝わったのか。朝鮮人参(漢方)を長崎経由で福島に持ち込んだ、長崎商人がこの地に持ち込んだ、隠れキリシタンがこの地に逃れた際に伝播させた等、諸説あります。
凧揚げの起源は中国といわれていますが、世界中に様々な凧が存在しています。日本に初めて伝わったのは平安時代とされ、貴族の遊びや軍事目的に利用したようです。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。