孫次凧 セミ

¥9,350

状態:中古(箱および説明書無し)
サイズ: 475″H × 345″W mm

福岡県北九州市戸畑に明治末期に誕生した凧です。
代表的なセミは「つくつくぼうし」だといわれています。
戸畑印あり。数か所に破れあり。

在庫1個

説明

  • 古いものですので、多少の埃汚れ、経年によるシミや傷みはご了承ください。
  • 数か所に破れあり。実際に凧揚げとして使用するには、補修が必要です。
  • 中古品のため、本体(または付属の箱)には細かなキズ、汚れががあります。
  • 中古品の状態に関しては事前に画像でご確認ください。不明点がございましたら購入前に必ずお問い合わせください。
  • 購入後の返品はできません。熟考の上ご購入下さい。

明治末期に戸畑の竹内孫次氏が作り始めました。セミ凧は戸畑セミ凧とも呼ばれ、全国でも珍しいスタイルの凧です。
明治末期、昔から凧揚げが盛んだった北九州市で竹内孫次氏が自身の遊び道具として作り始め、よく飛ぶと評判になったことが始まりとなり、現在でも親しまれている福岡県の伝統工芸品です。
現在もいろいろな種類の凧が制作されており、その独特な形、色使いが他には類を見ない作品です。ディスプレイとして飾ったり、実際に揚げたりとお楽しみ頂けます。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。