鯛車 出雲大社

¥14,300

状態:中古(箱および説明書無し)
サイズ:300″W × 135″D × 320″H mm

島根県出雲市に伝わる灯籠玩具です。
出雲の「鯛灯籠」は、細い木で組んだ台に、竹の骨組みを施し、ロウソクを立てる釘を置いた後、八雲紙を貼って鯛を型作ったものです。
色彩が美しく、中にロウソクを灯し動かすとヒレがゆらゆら揺れ動き、幻想的です。

※所々に破れがあります。紐は、付属していません。

在庫1個

説明

  • 古い物ですので、多少の埃汚れ、経年によるシミや傷みは古道具の持つ魅力としてご了承ください。
  • しっかりとした作りですが繊細なため、お取り扱いにはご注意下さい。
  • 水気には弱いのでご注意ください。
  • 中古品のため、本体(または付属の箱)には細かなキズ、汚れががあります。
  • 中古品の状態に関しては事前に画像でご確認ください。不明点がございましたら購入前に必ずお問い合わせください。
  • 購入後の返品はできません。熟考の上ご購入下さい。

七夕からお盆にかけて、この地方で昔は町民が競って作り、子供たちが曳いて歩いたそうです。
灯籠玩具の文化が、日本海側を中心に 新潟県・鳥取県・島根県と昔からあったそうで、離れた土地でも共通してみられる形も郷土玩具の魅力の一つです。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。