犬山のでんでこ太鼓

¥4,400

状態:中古(箱および説明書無し)
サイズ: 142″W × 90″D × 115″H mm

愛知県犬山で作られていた郷土玩具です。
竹笛を吹くと、音が出てその息が風車を廻します。その上方につけられた紙製の人形が同時に廻り、両手に下げた竹ビーズが傍らにある桃の模様の赤い太鼓を打ち鳴らします。
何とも言えない動きが癖になる玩具です。
昭和52年とあります。

在庫1個

説明

  • 古い物ですので、多少の埃汚れ、経年によるシミや傷みは古道具の持つ魅力としてご了承ください。
  • 水気には弱いのでご注意ください。
  • 中古品のため、本体(または付属の箱)には細かなキズ、汚れががあります。
  • 中古品の状態に関しては事前に画像でご確認ください。不明点がございましたら購入前に必ずお問い合わせください。
  • 購入後の返品はできません。熟考の上ご購入下さい。

春秋二季の彼岸の時、東本願寺別院や栄国寺地内の露店で売られていたそうです。
犬山祭りや名古屋祭りに曳き出される山車のカラクリ人形にヒントを得たものとされています。
これほど単純で、しかも面白い動きのあるものは全国でもあまり例がないそうです。色使いも鮮やかで愛知県を代表する郷土玩具の一つです。
残念ながら現在は廃絶玩具となっているようです。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。