Ancient musical instrument, SASARA (660″L)

¥6,600

Condition: Used (without box and instructions)
サイズ: 690″L × 63″W × 22″T mm

富山県に伝わる日本最古の民謡「こきりこ」に使われる楽器。
楽器としてはもちろんのこと、部屋に掛けたり置いたり、家内安全の厄除け飾りにもなります。
焼き印あり

1 in stock

Description

  • Since it is a second-hand item, please note that it may be slightly dusty, stains or damaged over time.
  • Since it is a used item, the main body (or the attached box) has small scratches and dirt.
  • Please check the image in advance for the condition of second-hand goods.If you have any questions, please be sure to contact us before purchasing.
  • It cannot be returned after purchase.Please purchase after careful consideration.

筑子節(こきりこぶし)は、富山県南砺市の五箇山地方に伝わる日本最古の民謡です。
それに使われる「ささら」は、杉などの短冊形の小板を紐で通して束ね、両端の取っ手の部分を持ち大きく揺らすと、木片が互いに打ちつけられてサラサラと不思議な音を響かせる楽器です。
その音から、田の神様を呼ぶのにふさわしいと考えられたのか、田楽や田植えの芸能には無くてはならない楽器となり、太鼓、笛とともに民族音楽の基本的な楽器として重んじられた説、説教節の徒が楽器として使用した諸等々説あるようです。
実際に楽器として、またはディスプレイとして飾っても素敵です。

Reviews

There are no reviews yet.