SOLD OUT

彦一こま

状態:中古(箱および説明書無し)
サイズ: 110″H × 63″W × 65″D mm

一見タヌキの置物に見えますが、頭・胴・かさ・台の4個に分解できる独楽(コマ)です。熊本県八代の郷土玩具。
この地方に伝わる「彦一とんち話」をヒントに、昭和25年頃、井芹勉さんにより制作されたそうです。置物として、実際の遊び道具としていかがでしょうか。

※傘に目立つ汚れあり。

Description

  • 中古品ですので、多少の埃汚れ、経年によるシミや傷みはご了承ください。
  • 全体的に使用感があり、傘の部分の汚れが目立ちます。
  • 中古品のため、本体(または付属の箱)には細かなキズ、汚れががあります。
  • 中古品の状態に関しては事前に画像でご確認ください。不明点がございましたら購入前に必ずお問い合わせください。
  • 購入後の返品はできません。熟考の上ご購入下さい。

熊本県には色んな種類のコマが存在していますが、「彦一こま」は八代地方に伝わる彦一がいたずらタヌキをとんちで負かすという「彦一とんち話」をもとに戦後誕生しました。
桜の木を切り時間をかけて乾燥させた物を材料とし、ろくろで削られ、塗られと、ここまではその他のコマの作りの技法に共通するものですが、彦一こまは遊ばない時はたぬきの置物として飾れるのが特徴です。
1952年の熊本県主催郷土玩具展で県知事賞を獲得。

Reviews

There are no reviews yet.

Only logged in customers who have purchased this product may leave a review.