SOLD OUT

富山土人形 抱き雛

状態:中古(箱、説明書付き)
サイズ: 85″H ×62″W × 31″D mm

烏帽子をかぶり、紫色の着物に白の袴をはいた男雛に、赤い着物の女雛が抱かれています。
渡辺信秀作

説明

  • 古いものですので、多少の埃汚れ、経年によるシミや傷みはご了承ください。
  • 中古品のため、本体(または付属の箱)には細かなキズ、汚れががあります。
  • 中古品の状態に関しては事前に画像でご確認ください。不明点がございましたら購入前に必ずお問い合わせください。
  • 購入後の返品はできません。熟考の上ご購入下さい。

名古屋の加藤家の陶器職を務めていた広瀬秀信は富山10代の藩主・前田利保に召されて富山に移り、千歳御殿の庭に窯を築き、千歳焼きを作っていたが其の子安次郎が父と共に製陶のかたわら藩主の命により、天神臥牛を焼いて献上したのが、富山土人形の始めであると言われています。
土人形として各種の物があるが天神崇拝の前田藩領内のこととて天神様のものが多く見られます。
城下に土人形屋は数件あったそうですが、渡辺家(明治3年に始めた平(祖父)、源吾(父)、そして信秀さんが最後まで祖業を守り続け、残念ながら1997年に終止符を打ちました。
代々受け継がれてきた型、技法全ての仕事を「とやま土人形伝承会」に委ね、現在伝承技法を伝えるべく活動を続けています。

レビュー

レビューはまだありません。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。